おひがん

彼岸入りの日に両親を連れてお墓まいりへ。

 

自宅近くの霊園は平日にもかかわらず、車が混んでいた。

それでもお墓まいりはしっかりできたから良かった。

 

日頃の気分転換も含め、私は久しぶりに外に出て両親と話すことができた。

でも夕食は旦那が帰ってくることを理由に、私は実家では食べなかった。

母は実家で食べてっちゃえば、と言ったけど、

旦那が帰ってくることを考え、自分の気持ちをぐっと抑え、

実家で一緒に食べなかった。

父が夕食を食べ終わってから、自分の部屋に戻ったと思ったら、

わざわざ私が居たキッチンへと戻ってきて私に、

旦那が大変な時にこそ、しっかりおまえが支えるんだぞ、

旦那の前ではしっかりして居るんだぞ。

と、説教をし始めた。

本当は夕食だって実家で一緒にゆっくり楽しく食べたいと思っていたのに、

旦那のためを思ってぐっと気持ちをこらえていたところに、

父からの発言には私も、

忘れよう、気分転換のつもりで実家にきてるのに、

ここで説教かよぉ(>_<)と思った。

 

自宅に帰ってきてから、私は体調をくずし、

昨日、今日と一日中寝て過ごした(>_<)

今でも体調は本調子ではない。

かんぺきストレスだ。

体は正直で自分では気付かないところでも体には響いているもんなんだ。

 

旦那は仕事で毎日、深夜帰り。

とんでもないイビキをかいてる。

旦那も相当疲れてるんだ。

 

明日の夕食は、お彼岸だからと、両親、兄夫婦の家族と外食する予定だけど、

私がこんな状態では参加できないと思っている。

ただでさえ、兄夫婦家族との食事はしたくないと思ってる。

食事していても雰囲気が全く楽しくないし、

子供がいるのに明るい楽しい食事会にはならない。

両親は兄夫婦に気を遣ってかあまり話しかけないし、

旦那もそんなに話題をふったりしないし、

その場が全く盛り上がらないから、私は行きたくないと思っている。

 行きたくないなー、行くの嫌だなー、

と思っているのもストレスになっているのかもしれない。

 

今は眠れないからこれを書いてる。

でも寝なくちゃ。

明日からの楽しい生活のために。

希望。

 

 

 

 

 

さぎ?!

 

午前中、さぎメールがきた。

こんな気持ちの時には何かトラップがある。

もちろんあわててクリックなんぞしないよ。

さぎメールは無視。

ぼーっとしててもこういう気持ちは忘れないぞ!

 

 

 

ああ、また眠れない

 

 

 

 

連休

3連休は台風がきてたから旦那と家に居たら、

旦那が頭痛を訴えた。

いつものことだ。

仕事が休みの日に家に居ると頭が痛くなる性格。

基本、家に居てぼーっとしてたり、何もせず居るのが好きじゃないひと。

家にいても何かやってなきゃ気が済まない。

常に頭のCドライブが動いていないとダメなひと。

付き合う私はついていけない時が多々あるから困る。

 

 

月曜日は夜まで出掛けた。

私は心からは楽しめなかった。

とある出来事を一日中、ずっと気にしていて、

会話がほとんどなく、ケータイばかり見ていただんな。

行く先々、ケータイ画面とお見合い。

ケータイとデートしてるのか?と思った( ̄^ ̄)

 

気になって気になって仕方がない状態で一日が終わった。

こんなんじゃ出掛けなきゃ良かった(*_*)

家にいた方が何も起こらず良かったんじゃないか?

仕事仕事で疲れて身体が休まってないのにも関わらず、出掛けたがるだんな。

私はついていけない時が多々ある。

 

でも私が決めたスケジュール通りに動くと、嫌なことばかり起こる。

だから旦那が決めたスケジュール通りに動くことが◯なんだ。

でも楽しめない時がある。

 

かみさまは、私の日頃の行いが悪いことを見ていて、

私をこういう道に導いているのかもしれない。

悪いことはしてないけど、何もしてないことがいけないことなんだ、

と思っている。

反省することがたくさんだ。

 

 

 

 

踏み出せず

 

今日はまだ一歩が踏み出せなかった。

 

ずっと家でグズってた。

 

ふとケータイの電源がなくなって充電しないままほっておいた。

 

ほっておいても誰からも連絡なんぞないし。

 

 

連休も台風きてるし、ここに行く!って予定もないし。

  

私はいつも通りの生活をするだけ。

 

ただ3日間、旦那がいるってこと。

 

 寝不足だろうが食べてないだろうが、旦那には私の事情なんてかんけーねえ。

 

旦那のペースに合わせないと、旦那が不機嫌になって何にもなってくれなくなるから、

 

私はどんな理由であろうとやるべきことをやって生活しなければならないのだ。

 

 この時間に寝られなくて、寝てなくても旦那には私のことなんてどーでもいいこと。

 

 一人でいる時みたいに寝てられないしグズってもいられない。

 

まあ、当たり前なんだろうけど。

 

ふくざつな気持ち。

 

 

 

 

家のベル

家でグズってたら家のベルが鳴った。

出たくなかったから出なかった。

 

旦那が帰ってきて、こんなのがポストに入ってた、と。

さっきのだ。

 

でなくてよかった。

 

出てたら危なくややこしいことになってたと思うから。

 

私がグズり出すと、こういうことがよく起こる。

かみさまはどっかで私のことを見ていて、

グズってるとややこしいことになるぞ、気をつけなさい、

と教えてくれたのかもしれない。

 

 いつも気を張っての生活は疲れるけど、

誰かが見てくれている、と思いながら過ごそう。

 

 

 

 

 

一歩

旦那が珍しく仕事から早く帰ってきてくれた。

こんな私のために声をかけてくれ、一歩でも行動することができた。

とりあえず外に出ていろいろ話した。

 

私の気持ちをわかってくれた上で、これからどうしたらいいか、相談した。

 

解決方法がひとつ見つかったような気がした。

 

主婦をやりながら資格を取ってみようと思う。

それからのことはその時、決めようと思う。

 

うまくいくかわからないけどとりあえずやってみようと思う。

 

第一歩を踏み出してみようと思う。

それには旦那や家族の理解が必要だけどやってみようと思う。

 

 いろんなことを考えると、こわいことだらけだけど、

やってみようと思う。

 

このまま燻っててもしゃーないから、

とりあえずやってみることが大事だと思う。

 

自分に自信をつけるために、

まず一歩。

 

 

 

 

 

 

あたまが

 

あー、

 

このままじゃどんどんおばちゃん化してきてるぅ〜〜〜

 

このままじゃどんどん

頭がおかしくなるぅぅ〜〜

 

ほんとの私はこんなんじゃないんだ

私はこんなんでおわりたくないんだ

 

 なにか始めないと

なにかやらないと

なにかやらなければ

 

なにかなにかなにか

 

 

 

なんだろう?